頭髪関連の悩み

白髪を抜くことと薄毛にならない噂は誤り

頭髪関連の悩み

白髪も薄毛と同じく見た目の印象を
変えてしまうものですから深い悩みの一つです。


白髪というのは細胞のメラニン色素の生成力が
弱まっているということですから、
年をとってからでてくるのは普通ですが
若いうちから出るのは異常といえます。


白髪については遺伝も関連してそうなので
詳しいメカニズムははっきりしていないのですが、
一般的に黒いものを食べると効果があるといわれます。

例えば黒豆や黒ゴマです。
(黒ゴマはすったほうが吸収がよい。)


あと大事なことは白髪は抜かないこと

抜くと毛乳頭細胞が壊れる可能性があり、
そこから毛が生えなくなる恐れがあります。


白髪を染めたい場合は
化学系染料が全く含まれていない
ヘナを使ったほうが安全です。

ヘナは黒髪を染めるには不向きですが、
白髪はよく染まります


そしてこんな噂を耳にしたことがあります。

白髪だと薄毛にならない

これは間違ってる可能性が高いと思います。

おそらく白髪が多いとコントラスト的に
薄毛になっても目立ちにくいので
そのような印象が浸透したのかもしれません。


ということで、
白髪が多いけどハゲにはならないと安心せず、
髪が細くなってきたらすぐAGA対策をはじめましょう。


女性の薄毛原因は謎が多いが男性より治る確率が高い

頭髪関連の悩み

増えているかどうかは
はっきりしないですが、
女性の薄毛人口も地味に多いです。

あまり見かけないですが
数を見ると10人に1人だそうなので
かなりの数がいることがわかります。


基本的に男性も女性も薄毛になる原因は一緒で、
ストレス、生活習慣、男性ホルモンなどが
関係している見られています。


ストレスは円形脱毛症の原因、
ホルモンバランスを乱す原因ということで
男性ホルモンが増加し抜け毛に発展
ということが考えられます。


近年は男性の薄毛に関しては
だいぶ明らかになっている感じですが、
女性の薄毛はまだ不明な部分が多いのが現状です。


美容意識が高いことから必要以上に
ヘアケアを施すといったことも
あくまで推測にすぎません。


妊娠中はエストロゲンが増えるため
抜ける髪が抜けずに残っていて、
出産した後にホルモン量が元に戻るので
一気に多く抜けてしまう、

というのはわかっていますが、
そうでない人(学生など)にも
悩む人がいるので謎が多いです。


しかし男性よりずっと治りやすいので、
生活を規則正しくするのはもちろんですが、
女性にも使える育毛剤などを使って
日々髪の毛を意識した対策を続けましょう。


フケと抜け毛が多い場合は皮膚科に行くのが有効

頭髪関連の悩み

たまにフケ症といわれるフケが多い人がいます。

フケは新陳代謝によりいらなくなった角質が
剥がれ落ちたものなので出ること自体は
異常ではありません。



問題はあまりにも多く出るとか、
粒が大きかったり毛穴をべったりと
塞いでいる場合です。


そうなると髪が急に抜けだす
粃糠性(ひこう)脱毛症になる恐れがあります。


頭皮をバイ菌の侵入などから守る
皮脂が多く出てしまうと、
でんぷう菌という菌が皮脂をたくさん分解して
ターンオーバーを狂わせます。


ターンオーバーは皮膚が生まれ変わる周期で、
これが狂うとフケが多く出ます。

一般的に皮脂はストレスや食事の乱れから
多く出るといわれているので、
思い当たる場合はすぐに改善します。


症状がひどかったら皮膚科にいって
薬を処方してもらいましょう。


乾いた感じのフケが出る場合は
シャンプーは毎日せず乾燥肌用を、

ベトベトするフケが出る場合は
毎日脂性肌用シャンプーをします。


治すのが難しいM字ハゲはどのように治療すべきか

頭髪関連の悩み

男性型脱毛症は頭頂部と前頭部が
徐々に薄くなっていく病気です。
どちらか片方が進行する人もいれば、
両方から進行する人もいます。


前頭部はいわゆる生え際、
またはM字と呼ばれます。


最強の薄毛治療薬といわれるプロペシア、
それは髪を薄くする男性ホルモン生成を
阻害する働きがあるのですが、


効果的なのは頭のてっぺんといわれており、
なぜかM字には効きにくい特徴があります。


あとプロペシアと並んで効果的といわれる
ミノキシジルも同じくM字には効きにくいようです。

中には改善が見られる人もいるようですが、
それがまた不思議なところです。


メカニズム的には同じはずなのですが、
てっぺんより時間がかかるものなのか、
または発見されていない要素があるのか、
まだわかっていない何かがありそうです。


どうにしろ、
効果的といわれる薬を長期間使用することは
多少なりともリスクが生じる可能性が否めませんので
M字で副作用が気になる人はきついです。


中には女性でもM字気味になって悩んでいる人もいるので、
リスクをなるべく避ける方法を試したほうがいいでしょう。


頭頂部を薄くするAGA対策は安全が理想

頭髪関連の悩み

男性型脱毛症(AGA)に悩む人は増えている、
とよくいわれますが実は割合的には
昔からそこまで増えていません。


報道の多さから増えていると
思わされているのかもしれません。


しかし人数が多いことに変わりないので、
深刻な問題には変わりはありません。

男性では1000万人以上、
女性でも600万人以上の人

薄毛に悩んでいるといわれています。


見た目の違いはあれど、
頭頂部が薄くなることは共通しています。


頭頂部が薄くなるのは男性ホルモンが大きな原因で、
女性でもホルモンバランスが崩れると
男性型脱毛症になる可能性があります。



他にもひどいストレスや皮膚炎によって
髪が抜けることがありますが、
AGAは段々髪が細くなって抜けていくので
他の脱毛症とは症状が全然違います。


頭頂部と前頭部は男性ホルモンが
作用するようになっているので、
髪が段々弱弱しくなっていきます。

放っておくとどんどん進行してしまうので、
早急に対策を始める必要があるのですが、
内臓に負担がかかる対策もあるので
注意が必要です。


薄毛対策では副作用の話題が多いのは
リスクがあるということです。


理想はやはり副作用がない対策を実行することです。


TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら