白髪を抜くことと薄毛にならない噂は誤り

白髪も薄毛と同じく見た目の印象を
変えてしまうものですから深い悩みの一つです。


白髪というのは細胞のメラニン色素の生成力が
弱まっているということですから、
年をとってからでてくるのは普通ですが
若いうちから出るのは異常といえます。


白髪については遺伝も関連してそうなので
詳しいメカニズムははっきりしていないのですが、
一般的に黒いものを食べると効果があるといわれます。

例えば黒豆や黒ゴマです。
(黒ゴマはすったほうが吸収がよい。)


あと大事なことは白髪は抜かないこと

抜くと毛乳頭細胞が壊れる可能性があり、
そこから毛が生えなくなる恐れがあります。


白髪を染めたい場合は
化学系染料が全く含まれていない
ヘナを使ったほうが安全です。

ヘナは黒髪を染めるには不向きですが、
白髪はよく染まります


そしてこんな噂を耳にしたことがあります。

白髪だと薄毛にならない

これは間違ってる可能性が高いと思います。

おそらく白髪が多いとコントラスト的に
薄毛になっても目立ちにくいので
そのような印象が浸透したのかもしれません。


ということで、
白髪が多いけどハゲにはならないと安心せず、
髪が細くなってきたらすぐAGA対策をはじめましょう。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら