食べ物や栄養素

頭髪・内臓に負担をかけない理想の食事と考え方

食べ物や栄養素

脱毛症は遺伝要素が大きいですが
健康的な生活もはずせない要素です。

飲食に気をつけなれば
内臓の調子が悪くなり、
血液が薄くなったり汚くなったりします。


髪の毛は血の余りとも言えるので、
血液に異常をきたすことは
髪に異常をきたす
といっていいでしょう。


ミノキシジルの副作用が話題となったことで
循環器(心臓)の心配もされるようになりました。


よって食べ物は非常に重要になります。
内臓に負担をかけない食生活が
とても大切になってくるわけです。


ただ血圧を上げる食品、
下げる食品などと意識していたら
選ぶのが大変になりますし、
面倒になると思います。


そこでどんなことにも共通する、

極端な食生活を送らないこと


これを意識しておけばいいわけです。


甘いものばかりたべたり、
カレーやネギなど辛いものばかりたべたり、
しょっぱいもの食べたり飲みすぎたり、

そういうことをしなければいいのです。


それぞれの病気で
摂ってはいけない食品がある場合は除いて、
基本的に食べてはいけない食品はないので、
いろんなものを適度に食べるのです。

もちろん薄毛に悩んでてもそうです。
好きなものをいきなり食べなくするのは
少々無理があるのでストレスもたまります。

(全くダメとなると大豆食品と同時に
一味や七味が食べれなくなってしまいます。)


食事も考え方も偏らないのが理想です。


正しい食生活を送っていても発毛しないなら
直接頭皮から栄養素を送りましょう。


血圧の上げ下げは健康、育毛どちらにも良くない

食べ物や栄養素

髪の毛は血液と深い関係にあります。

血流が悪いと髪に栄養が届かず育たない、
このようによくいわれます。

たしかにそうかもしれませんが
血圧を高くすれば良いものではないですね。


高血圧だと心筋梗塞や脳梗塞などの
重大な病気になるリスクをあげてしまいます。

たばこは血管を収縮させるので
その危険性が高まるというわけです。


他にもガンや受動喫煙などいろんな健康問題が
発生するので絶対摂ってはいけない嗜好品です。


薄毛なら特にそれを意識すべきです。
血圧でもなんでもちょうどいいのが一番です。


血圧といえば下げる効果があるミノキシジルがあります。

発毛効果があることでも有名なので、
薄毛で高血圧ならちょうどいいのではないか、
と思っても動悸や心拍数上昇などの副作用があるため、


疾患や不安を抱く場合は
安易に使うべきではないですね。



育毛は健康的であるべきなので
副作用がない対策を推奨します。


コーヒーは健康や髪に良いのか悪いのか

食べ物や栄養素

コーヒーは世界中で愛される飲み物です。

コーヒーに含まれるカフェインは
眠気覚ましや集中力を高める効果があるので
毎日飲んでいる人も多いでしょう。


ただコーヒーに関してははいろいろな話があります。


上記の効果の他に髪の成長を早めるので
飲んだりシャンプーに含ませることで
育毛に効果があるのではないか、

ガンのリスクが低下する、

ポリフェノールは抗酸化作用がある、


というものと、


刺激物なので内臓に良くなく、
体をほてらすのでのぼせてしまう、

体力を奪う作用があり血が薄くなる、

血中コレステロールが増加する、

依存性があり飲まないと頭痛が起きる、


という話もあります。


いわば賛否両論状態になってるわけです。


ではどうすればいいのか、
そこは話を信じる信じないの話に
なるかもしれないですが、


好きな人は飲みすぎず、

あまり好きじゃない人は無理に飲む必要はない、

ということになると思います。


ちなみにコーヒーは心臓病と関係はないとされています。


とはいってもなんでも過剰摂取はよくないので、
好きな人でも飲む量を少しずつ
減らしたほうが良いかと思います。
(まだわかっていないことが多いため)


健康に悪い説が気になってしまう場合は
安全な育毛法をひたすら実践しましょう。


育毛サプリでも過剰摂取は危険 取り扱いには十分注意する

食べ物や栄養素

薄毛対策でよく注目されるのが
育毛サプリメントと呼ばれるもの。

満足な食事を摂れない人にとっては
とてもありがたいものになります。


毎日同じものを食べるのは
きついという場合も有効です。


大豆イソフラボンとカプサイシンは
発毛に効果があるという研究結果がありますが、
大豆製品、辛いものが苦手なら
サプリで摂取したほうがいいでしょう。


嫌いなものを無理に食べても
ストレスになりよくありません。



ちなみに体にいいイソフラボンも、
大量摂取は危険といわれますが、
量をしっかり守れば健康被害は起こらないので
そこは肝に銘じましょう。
(サプリでの摂取は30mgまでに)


しっかり食事が摂れている人は、
過剰摂取になる恐れもあるので
サプリを無理に買う必要はありません。
(特に亜鉛は不足することがまずないです。)


栄養素の理想は食品から摂ることです。


ノコギリヤシはふつうの食事からは
摂取できないのでサプリを買う必要がありますが、
それはプロペシアとほぼ同じ効果があるので
取り扱いには十分注意しましょう。

(女性、未成年に飲ませない、触らせない)


服用は食後の1日3回まで。
副作用はないとされますが、
心配なら控えたほうがいいです。

 

サプリだけで効果が不十分と感じたら
即効性のある育毛剤を使うのも一つの手です。


TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら