頭髪・内臓に負担をかけない理想の食事と考え方

脱毛症は遺伝要素が大きいですが
健康的な生活もはずせない要素です。

飲食に気をつけなれば
内臓の調子が悪くなり、
血液が薄くなったり汚くなったりします。


髪の毛は血の余りとも言えるので、
血液に異常をきたすことは
髪に異常をきたす
といっていいでしょう。


ミノキシジルの副作用が話題となったことで
循環器(心臓)の心配もされるようになりました。


よって食べ物は非常に重要になります。
内臓に負担をかけない食生活が
とても大切になってくるわけです。


ただ血圧を上げる食品、
下げる食品などと意識していたら
選ぶのが大変になりますし、
面倒になると思います。


そこでどんなことにも共通する、

極端な食生活を送らないこと


これを意識しておけばいいわけです。


甘いものばかりたべたり、
カレーやネギなど辛いものばかりたべたり、
しょっぱいもの食べたり飲みすぎたり、

そういうことをしなければいいのです。


それぞれの病気で
摂ってはいけない食品がある場合は除いて、
基本的に食べてはいけない食品はないので、
いろんなものを適度に食べるのです。

もちろん薄毛に悩んでてもそうです。
好きなものをいきなり食べなくするのは
少々無理があるのでストレスもたまります。

(全くダメとなると大豆食品と同時に
一味や七味が食べれなくなってしまいます。)


食事も考え方も偏らないのが理想です。


正しい食生活を送っていても発毛しないなら
直接頭皮から栄養素を送りましょう。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら