生活態度

テストステロンが増える行為をしてもハゲる事にはならない

生活態度

AGAには男性ホルモンが絡んでいるから
増えないように気をつけないといけない、
という噂が流れています。


男性ホルモンが増える行為というのは
実はいろいろあります。


例えば運動、自慰行為(オナニー)、
セックス、その他興奮することや
危険にさらされたとき
など様々です。

テストステロンは骨や筋肉、
精子の生成などいろいろな場面で
活躍する重要なホルモンです。

髪の毛にとって本当に悪いのは
5α還元酵素によってテストステロンが
変換されたDHTになります。

すべてのそれが変換されはしないので
髪の毛にとって一概に悪者とはいえません。
(増えても一時的なものになります。)


よって上記の行動を制限したり、
男性ホルモン抑制剤や
女性ホルモンを注入したりする
裏技行為をしてはいけません。


健康被害やストレスを誘発することになります。


「健康的に」生きていくうえで
運動や異性との交流は欠かせないものですので、
難しく考えず生活していけばいいでしょう。


本当に髪を生やす上で大事なことは
男性ホルモンが影響する前に毛根に栄養を送り続けることです


運動をしてもハゲないので男性ホルモンの分泌は気にしない

生活態度

健康には欠かすことができない運動ですが、
これがなかなか実行しない人が多い。

めんどうと疲れるの両方を含んでいるので
相当なパワーが必要である。


と、そのように極端に考えずに、
自分のできる範囲で体を動かせばいいのです。


ただ歩くだけでもじっとしてるよりはかなり違います。
普段乗り物に頼ってる人は少しそれを足に変えて
行動するように工夫すると無理なくできます。

心拍の上昇が不安でもそれなら大丈夫な範囲です。
(心臓疾患がある場合は医師と相談しましょう。)


もっと運動したいならしてもいいですね。


運動をすると男性ホルモンが分泌されますが、
それが脱毛に繋がるかといったらそうではありません。
男性ホルモン(テストステロン)は体を作るためにも
重要なホルモンだからです。



運動は血行促進やストレス解消、肥満の防止、
という意味でも重要なことなので
是非意識してほしいと思います。


フィナステリドでDHTを抑制しつつ行えばなお良い。
しかし、それもミノキシジルと同じく気になるのならば、
副作用の心配のない発毛法を行う必要があります。


薄毛を進行させないように理想の睡眠習慣を送る

生活態度

睡眠不足は健康的に良くないので、
育毛にも悪影響がでます。

確かな医学的データはないのですが、
寝る時間が短い人ほど髪が少ないという
指摘があります。


ふつうに考えて睡眠不足というのは
体に大きなストレスを生じさせます。
髪の毛は内臓の健康とも関係しているので、
頭皮環境がいいだけではダメなのです。


睡眠は少なくとも6時間、
多くて8時間ほどにします。



人それぞれ調子がいい睡眠時間が
あるものなのでその時間を知ったら
それに合わせます。

そして寝る時間と起きる時間も一定にします。
体のリズムを狂わしてはいけないためです。

特に寝る時間は重要です。
成長ホルモンが多く出る時間である
0時の前後2時間、その間が望ましいです。

(早ければ早いほど良い)

仕事などの都合で無理な場合は
睡眠時間はちゃんと同じにします。


寝る3時間前には何も食べないようにし、
喉が渇いたら水だけにします。
熟睡できないと疲れがとれないためです。


余談ですが、
寝ると頭と心臓が同じ高さになるため、
血流がよくなって髪にも良いという話もあります。

頭頂部は文字通りてっぺんなので
重力の関係で一番血流が悪いといいます。

それが髪の成長と関係しているかは不明ですが、
全く関係ともいえないと思います。
とにかく睡眠時間はちゃんと取った方がいいことは確かです。


睡眠は薄毛対策の基本です。
しっかりできた上で本格的に育毛対策をすると効果的です。


TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら