薄毛を進行させないように理想の睡眠習慣を送る

睡眠不足は健康的に良くないので、
育毛にも悪影響がでます。

確かな医学的データはないのですが、
寝る時間が短い人ほど髪が少ないという
指摘があります。


ふつうに考えて睡眠不足というのは
体に大きなストレスを生じさせます。
髪の毛は内臓の健康とも関係しているので、
頭皮環境がいいだけではダメなのです。


睡眠は少なくとも6時間、
多くて8時間ほどにします。



人それぞれ調子がいい睡眠時間が
あるものなのでその時間を知ったら
それに合わせます。

そして寝る時間と起きる時間も一定にします。
体のリズムを狂わしてはいけないためです。

特に寝る時間は重要です。
成長ホルモンが多く出る時間である
0時の前後2時間、その間が望ましいです。

(早ければ早いほど良い)

仕事などの都合で無理な場合は
睡眠時間はちゃんと同じにします。


寝る3時間前には何も食べないようにし、
喉が渇いたら水だけにします。
熟睡できないと疲れがとれないためです。


余談ですが、
寝ると頭と心臓が同じ高さになるため、
血流がよくなって髪にも良いという話もあります。

頭頂部は文字通りてっぺんなので
重力の関係で一番血流が悪いといいます。

それが髪の成長と関係しているかは不明ですが、
全く関係ともいえないと思います。
とにかく睡眠時間はちゃんと取った方がいいことは確かです。


睡眠は薄毛対策の基本です。
しっかりできた上で本格的に育毛対策をすると効果的です。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら