テストステロンが増える行為をしてもハゲる事にはならない

AGAには男性ホルモンが絡んでいるから
増えないように気をつけないといけない、
という噂が流れています。


男性ホルモンが増える行為というのは
実はいろいろあります。


例えば運動、自慰行為(オナニー)、
セックス、その他興奮することや
危険にさらされたとき
など様々です。

テストステロンは骨や筋肉、
精子の生成などいろいろな場面で
活躍する重要なホルモンです。

髪の毛にとって本当に悪いのは
5α還元酵素によってテストステロンが
変換されたDHTになります。

すべてのそれが変換されはしないので
髪の毛にとって一概に悪者とはいえません。
(増えても一時的なものになります。)


よって上記の行動を制限したり、
男性ホルモン抑制剤や
女性ホルモンを注入したりする
裏技行為をしてはいけません。


健康被害やストレスを誘発することになります。


「健康的に」生きていくうえで
運動や異性との交流は欠かせないものですので、
難しく考えず生活していけばいいでしょう。


本当に髪を生やす上で大事なことは
男性ホルモンが影響する前に毛根に栄養を送り続けることです

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら