髪を染めたりパーマをかけるとかえって薄毛が目立つ事も

薄毛を治すには頭皮ケアが
かなり重要になりますが、
頭髪にも気を配る必要があります。

なぜかというと、
髪が痛むことを繰り返すと
切れ毛が多く発生して
ボリュームに影響するから
です。


髪を傷める行為で代表的なのが
染髪とパーマをかけることです。
両方に共通していることは
薬剤を使うことです。


薬剤は髪に大きな負担を与えます。
特にブリーチ(脱色に使用)とヘアカラーは
強力なのでできればそれらを避け、

負担が少ないヘナやヘアマスカラを使うか、
美容師にやってもらったほうがいいです。


染髪剤は浸透力が強いので
頭皮に触れさせないのが鉄則ですが、
自分でやるとそれが難しいですので。

あと頭皮から浸透して内臓に負担が
かかる懸念もあります。



そしてパーマも滅多にやらないならまだいいですが、
薄毛を隠すため頻繁にやっていると、
かえって髪が痛んで地肌が目立つことになる、
かもしれません。


育毛は髪にも頭皮にも内臓にも負担になることをしないのが原則です。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら