安いシャンプーは髪や内臓の健康に悪いのか

シャンプーは種類だけでなく
意見もたくさんあります。


どんなシャンプーを使っても変わらないと、
言う人もいれば、

粗悪成分が頭皮から浸透し、
やがて肝臓に蓄積して健康被害をもたらすので
必ず自然系のものを使ったほうがよい
と、

言う人もいます。


たしかに石油系合成界面活性剤である
ラウリル~、ラウレス~などは
発がん性も指摘されています。


そう考えると確かに怖くなってきます。


現在ふつうに売られている理由は
とりあえず安価で大量生産できることと、
明確な健康被害の報告がないこと、
研究データが不足していること、

などが考えられます。


短期間では健康被害はでないので
なかなかわかりづらいところです。


今のところ明確な答えが出ていないので
なんともいえない部分ではありますが、
影響が心配ならば少し投資する必要はあります。

それでも値段的に気が引ける場合は
安くてもラウレス、ラウリルの表記が
なるべく左側にないものを選びます。
(左側ほど含有量が多いからです。)

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら