薄毛の先端治療のメリットとデメリット

薄毛を治す方法の一つに
手術をすることがあります。

結構昔からあるのは人口毛を使う植毛で、
物理的に一気にボリュームを増やせます。

しかしずっと効果が続かないのと
拒絶反応を起こす恐れもあります。
(アメリカではすでに禁止になっている)


日本ではまだ行われてますが、
費用も手間もかかるため
やるなら自毛植毛がいいです。

男性ホルモンのDHTが作用しない
後頭部の毛包を移植するので
拒絶反応もなく繰り返し手術を受ける
必要がありません。


もちろん頭皮だけの処置なので
内臓に負担をかけません。



最近は怪我や病気で永久脱毛してまっても
細胞を再生させる技術も確立し、
少しずつ広まっています。

ありがたいことではあるのですが、
手術で共通することは
非常に金銭的負担が大きいということです。

薄毛関係の治療については
プロペシアやミノキシジルと同じく
保険が効かないのですごく高くなります。


メリットは大きいのですが
100万以上は覚悟する必要があります。

それが妥当か妥当でないかは
人それぞれ違うと思いますが、
そこまでださなくても薄毛は
解消できる可能性はあります。


毛根に栄養を長くとどめて
髪の成長期を伸ばす方法です。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら