発毛剤・その他

ミノキシジルを一切使わない!安全かつ効率的に育毛を促す方法

発毛剤・その他



ミノキシジルは一般に広く普及してる育毛薬ですが
副作用のリスクが高いことが有名です

体毛が濃くなったりむくみが出るのは可愛い方で
心臓がバクバクしたり不整脈を起こしたりして
ひどい場合は死亡することもありうる恐ろしい薬です

なんでこんな危険な薬が推奨されてると思いますか?

それを知るためには次のことを理解する必要があります


・ミノキシジルがなぜ育毛を促すかご存知ですか?


一般的にミノキシジルがなんで薄毛に良いと
言われてるかというと血流を促進する作用があるからです

でも血流を促すとされる薬は他にもあるので
それだけで太鼓判を押される理由はよくわかりませんよね

ミノキシジルが育毛に良いとされる本当の理由は
様々な成長因子を増やす作用もあるからです


成長因子とは細胞の働きに関係するタンパク質のことで
髪の毛にも当然深く関わっています

プロペシアは男性ホルモンを抑制するだけで
髪の成長を促進する(成長因子を増やす)作用がありません

だからミノキシジルも併用しましょうと言われるわけです

しかし、あなたもご存知の通りミノキシジルは薬であり
心臓をはじめいろんな副作用が心配されるシロモノ

本来なら心臓が悪い方だけでなく
健常者でも体に悪いものなので活用すべきではありません


ではどうやって育毛すればいいのかというと
薬に頼るのではなく成長因子そのものを使えばいいんです


⇒成長因子を配合した貴重な育毛剤「deeper 3D」



・薬に頼ることなく成長因子を活用する方法


成長因子は体内に存在する成分なので安全性はとても高いです

でも成長因子そのものを使うとなると技術力が必要になり
コストもかかるのでほとんどの育毛剤に配合されてません

だから漢方などの植物成分をたくさん入れたり
ミノキシジルに頼らざるを得なくなります

それらの方法でも成長因子を増やせるかもしれませんが
どれも間接的に増やすだけなので決定力に欠けます

ディーパー3Dは成長因子そのものを配合したとてもめずらしい育毛剤です

成長因子を間接的にではなく直接的に使えるので
専門病院の施術に近い対策が自宅で出来るようになります

ミノキシジルはもちろん医薬品のたぐいは一切使われてないので
あなたが心臓が悪い、もしくは副作用に抵抗があっても
根拠ある育毛法を安全に実践できるようになります


ハーグ療法という育毛施術をご存知ですか?

栄養素を頭皮に直接注入することで
髪の成長を促進させる優れた育毛法なのですが
その主成分となっているのが他でもない成長因子です

成長因子は医療の幅広い分野に使われている成分ですが
コストがかかるのでディーパー3Dの値段にも
それなりに反映しているのが欠点です

でも施術を受けると何十万とかかってしまうので
それと比べると断然リーズナブルですね


・成長因子とは具体的にどんな成分か

・個々の成分はどのような能力を秘めているのか

・成長因子以外にはどんな成分が使用されているか

・医薬部外品ではなく化粧品として販売している理由

・価格や保証はどうなっているか



など詳しい情報はディーパー3Dの公式ページに
全て載っているのでここでは割愛します



ミノキシジルの副作用が怖い、けど、薄毛は治したい

薬が入ってない育毛剤をいろいろ使ってみたけど
どれも効いているのかよくわからない


現在あなたがそのような状況であるならば検討してみてはいかがでしょうか



⇒副作用とは無縁の育毛の本質を捉えた育毛剤「ディーパー3D」



発毛ジェネリック医薬品の特徴や安全性を知ろう

発毛剤・その他

通常プロペシアは内服薬で、
ミノキシジルは外用薬という位置づけです。

ただそれは日本国内だけの話で、
海外ではミノキシジルの内服タイプが
ふつうに出回っています。
(日本では未認可の状態です)

また、プロペシアと効果は同じで
名前が違う製品もあります。
(フィンペシアやプロスカーなど)

それらは日本のプロペシアより安いため
個人で輸入する人が多くいます。


そのようなジェネリック医薬品は
なぜ安いのかというと、
後から開発されたものなので
開発費がかかっていないからです。
(特許の面もクリアしています)


また、医師を通さず手にいれられるので
手軽さがある反面、自分の健康状態を
よく把握しないまま使用するケースが考えられ、
危険もはらんでいます。

肝臓や心臓に疾患がある方はもちろんのこと、
偽者も出回っているという話も聞くので
よーく注意したほうがいいです。


そのようなリスクを冒してまで飲みたくない!
という時は安全な薄毛対策に徹底します。


発毛に最適なのは外用薬か内服薬かは一概には言えない

発毛剤・その他

髪を生やす手段は
大きく分けて2つに分かれます。

外からの対策(育毛剤や施術)と
内からの対策(内服薬や食べ物)です。

どちらのほうがいいのかというと、
一般的に効果が高いと言われるのは
内からの対策になります。

しかし、実際どちらも大事ですし、
人それぞれ健康状態が異なりますので
一概には言えません。

体質は人それぞれ全然異なるため、
同じ対策を行ったとしても
効果にはどうしても差が生じます。


リスクとしては、

敏感肌だと育毛剤で肌荒れを起こす可能性がありますし、
肝臓や心臓に問題がある方、高血圧の薬を飲んでいる方などは
内服薬を控えたほうがいいなど、状況は様々です。

特にミノキシジルは男女ともに使える製品がでており、
摂取量の上限もプロペシアより多いことから
副作用がより心配される薬です。


下手をしたら命に関わることなので
少しでも不安を感じるならば
ミノキシジルを使わない発毛法にしたほうが無難です。


育毛に効果があるとしても栄養素の過剰摂取は危険

発毛剤・その他

一部の食品やサプリメントには
薄毛に効くのではないか、
という話をよく聞きますが、
中にはあまり信用できないものもあります。

例えばわかめなどの海藻類です。

海藻類は確かにヨードなど
ミネラルが含まれていて体にはいいものです。

しかしそれを食べたからと言って
髪が太く成長することは考えにくいです。
白髪がなくなるという話も同様です。


また、亜鉛は髪の天敵である
DHTの生成を抑制するといわれますが、
たくさん摂取しても健康障害がでるため
摂りすぎは逆効果になります。
(一日の理想は12mgほど。サプリは特に注意が必要)


カフェインも毛髪成長を促すという報告がありますが、
どのくらいの量をシャンプーに添加したらいいのかなど、
わかっていないことが多いです。

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれてますが、
飲みすぎは内蔵に負担をかけるため、
むしろ薄毛治療的にはあまり飲まないほうがいいです。

急にやめるのは厳しいと思うので
徐々に減らしていきましょう。


基本的にサプリメントというのは補助的な役割なので、
十分な栄養が取れてないときや、
プロペシアより副作用が少ないとされる
ノコギリヤシを利用する以外は、

ふつうの食事から栄養素を摂るのが理想です。

(ノコギリヤシはプロペシア同様、
未成年や女性に飲ませないよう注意)


どんなものでも過剰摂取は体に毒なので、
常にバランスを心がけることが大切です。

それができた上で育毛剤を使うのが
育毛に理想的な状態といえます。


ミノキシジルの副作用が出たら使用をやめ安全な対策を

発毛剤・その他

ミノキシジルの発毛効果は
大いに注目したいところですが、
やはり副作用もまた気になります。

はじめに考えられるのは
頭皮のかぶれや発疹です。

これは外用薬を付けた場合の症状で、
かゆくなることもあります。

もしそれが現れた場合は
すぐに使用を中止して皮膚科医に
相談したほうがいいです。

皮膚がダメージを負うと
毛根にも及んで抜け毛の原因になります。

そして、頭痛、めまい、むくみ、
胸の痛み、心拍数上昇、動悸が
起こることがあります。


特に心臓に関することが怖いところです。


現在何らかの疾患(高血圧、低血圧など)が
ある場合はミノキシジルを使用してはいけません。
特に飲み薬のほうが効果が大きいので
注意してください。


(ちなみに飲み薬の場合は、
効果が全身に及ぶので体毛が濃くなったり
増えたりすることがあります。)

報告例的にみると数は少ないのですが、
何かが起こってからでは遅いので
慎重になるべきだと思います。


心臓など内臓にリスクがあるかもしれない薬ではなく
副作用の心配のない育毛剤などの対策が健康的に理想ではあります。


ミノキシジルの効果と危険性を十分把握する

発毛剤・その他

ミノキシジルもプロペシアと同じく、
発毛効果は「副作用」として
発見された薬です。

元々は血管拡張剤として開発されたものですが、
患者に投与していたら髪が生えてきた、という風に
プロペシアと同じように発見された効果です。

それからFDA(アメリカ食品医薬品局)が
発毛効果を認めたので世界中に広まりました。


初めそれはステロイド剤のように
血行を良くする事で発毛を促すと、
考えられていましたが、

毛乳頭細胞に働きかけることで
細胞増殖因子というものを増やしている、

という違いがあることが判明しています。


プロペシアで守りを固め、
ミノキシジルで一気に攻めて
髪を成長させる平行対策が
最近有効と注目されています。


しかし有効だからと言って
処方しすぎると副作用がでやすくなったり
大きくなったりする恐れがあるので注意です。


ミノキシジルは循環系に影響するので
時に注意が必要になります。


心臓が悪い方は副作用が起こらない方法が必須です


プロペシアを飲んでもなかなか発毛しない時の対策

発毛剤・その他

心臓に不安があるので
ミノキシジルは控えて
プロペシアを飲んでいる、
という対策をしてる方もいます。

確かにプロペシアはミノキシジルと違って
血圧に関係する薬ではないため、
そういう意味では安全で妥当な対策です。

しかし中にはプロペシアが
効きにくい人がいます。


それも遺伝子が関係しているのですが、
簡単にいうと軟毛化の原因である
男性ホルモンのDHTの感受性が
高いか低いか
に分けられます。

感受性が高いほど少ないDHTに
敏感に反応するので少しの薬でも効きますが、

感受性が低いのにAGAになっている人は
多くのDHTが生成されているので
多くの薬が必要になる、ということです。


感受性は低いほうがいいのですが、
AGAになってしまったら
治療に時間がかかるという欠点がでてくるのです。

それによりさっぱり効果がでない!と
諦めてしまいたくなる気持ちが
芽生えかねません。


時間がかかるほどお金もかかるので
薄毛はいろんな意味で時間との勝負です。


ミノキシジル以外で
すぐ発毛を実感したいならナノで対策をします。


薄毛薬をやめるとAGAは進行するが長期服用が不安です

発毛剤・その他

中にはこんな人もいるとききます。

プロペシアなどを駆使して
ある程度の状態まで回復したが
時間が経つと元に戻ってしまった。


男性ホルモンは死ぬまで分泌され続けるので
対策を怠ってしまうと当然そうなります。
ダイエットで言うリバウンド状態です。


男性ホルモン(DHT)を抑制するのも大事ですが、
良い生活習慣を維持することも大事です。


薬を飲む量は少しずつ減らしても、
生活の仕方に手を抜くと
脱毛の進行は早まるでしょう。

不健康生活は体に負担がかかるので
髪の成長の妨げになるのです。

あとAGA治療薬自体まだ歴史が浅いため
死ぬまで飲み続けなければならないのか、
その点はまだハッキリわかっていません。


今のところ飲み続けていれば
効果が現れる確率は高いといえますが、

長期間の薬使用となると
将来何が起こるかわからないため
安全な育毛対策が必要になってくるのです。


効果が認められてても安全面があやふやでは
不安感は完全に拭えませんので
安全な育毛という点で長い目で対策するのが望ましいです。


フィナステリドも不安なら全く薬に頼らない育毛対策へ

発毛剤・その他

フィナステリドはミノキシジルと違って
循環系の副作用は報告されていないので、
そこに不安があっても飲めるものですが、
一応副作用について触れておきます。

今のところあげられている副作用は、
性欲の減少、精子量の減少、前立腺の縮小、
勃起不全、肝機能障害
などです。

理論的にはないとされる性機能についてですが、
これは意外と多くの方が実感している
と感じます。

もともとプロペシアは、
前立腺肥大のための薬として開発されたので
生活に支障はないにしろ何かしらの
作用が働いているように思えます。


そして懸念が大きい肝臓ですが、
薬はまず肝臓で代謝されるため
負担がかかるということで
疾患がある場合は危険視されています。

とくに疾患がなくても
肝臓の異常をしらせる酵素(γ-GTPなど)の値が
増えることも報告されています。

まだプロペシアが登場してから
そんなに時が経っていないので
データが少ないところも少々懸念されます。


将来的な健康が不安なら
薬に頼らない育毛対策をしましょう。


AGA治療の鍵はヘアサイクルを正常に戻すこと

発毛剤・その他

円形脱毛症やひこう性脱毛症
(フケが原因の脱毛症)は
短期間で治る可能性がわりと高いですが、

AGAは一般的に長期間の
対策が必要になります。

なぜかというと
ヘアサイクルが関係しているからです。


男性型脱毛症はDHTという
髪にとって天敵の男性ホルモンが
成長期を短くしてしまい、
髪の成長を早い時期にストップさせます。

すぐにフィナステリド(プロペシア)で
DHTの邪魔をしたとしても、
全ての髪の成長期がすぐ元に戻る、
ということにはなりません。


人によっては薬が効きにくい場合もあり、
プロペシア自体に髪の成長を
促進させる作用もありません。


あくまで防御の役割です。


成長を遅らせないためには
普段の規則正しい生活が
基盤になるのですが、
それでも時間はかかります。

そこでミノキシジルの併用が
効果的と最近わかってきたのですが、
副作用が心配だと使えないので困ります。

もちろん食べ物でも髪に良いものは
他にもいろいろあるのですが、
早く治したいならヘアサイクルを
コントロールする必要があります。


薄毛ガイドラインは参考程度にとどめておく

発毛剤・その他

日本育毛学会が薄毛に関する
ガイドラインを発表したのは
記憶に新しいところです。

それは簡単に言うと
現時点で効果があるとされる
薬や治療の有効性を
A~Dでランク付けたものです。

一番いいAには
プロペシアとミノキシジル

Bには自毛植毛

C評価は2つに分かれていて、
いい方のC1には、

塩化カルプロニウム、フラバノン、
アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、
ケトコナゾール

C2にはセファランチン


そしてD評価には
女性へのフィナステリド使用と、
人口毛植毛が記載されています。

※今後も新たな薬や治療が
ランク付けされていく可能性はあります。


これはこれで参考にはなると思いますが、
目にうろこという情報ではありません。

まだまだ脱毛症にはわからないことが多く、
体質や症状も人それぞれ違うので
Aだからといって必ず回復するわけではありません。


遺伝配列も関係しているので、
同じプロペシアを服用しても
効果には差が出てしまいます。


そして一番気になるのが副作用です。
A評価の二つは画期的な反面、
気にある副作用がいくつかあるのが問題です。

プロペシアは主に性機能の減退と肝機能障害
ミノキシジルは頭痛や胸の痛み、心拍数上昇があります。


統計的にみると症状がでる確率は低いですが、
肝臓や心臓に問題がある場合は危険なため
飲んではいけないことになっています。


評価が高い=万能ではないことを注意しましょう。


心臓が心配ならミノキシジルを使わない対策へ


TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら