発毛ジェネリック医薬品の特徴や安全性を知ろう

通常プロペシアは内服薬で、
ミノキシジルは外用薬という位置づけです。

ただそれは日本国内だけの話で、
海外ではミノキシジルの内服タイプが
ふつうに出回っています。
(日本では未認可の状態です)

また、プロペシアと効果は同じで
名前が違う製品もあります。
(フィンペシアやプロスカーなど)

それらは日本のプロペシアより安いため
個人で輸入する人が多くいます。


そのようなジェネリック医薬品は
なぜ安いのかというと、
後から開発されたものなので
開発費がかかっていないからです。
(特許の面もクリアしています)


また、医師を通さず手にいれられるので
手軽さがある反面、自分の健康状態を
よく把握しないまま使用するケースが考えられ、
危険もはらんでいます。

肝臓や心臓に疾患がある方はもちろんのこと、
偽者も出回っているという話も聞くので
よーく注意したほうがいいです。


そのようなリスクを冒してまで飲みたくない!
という時は安全な薄毛対策に徹底します。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら