発毛に最適なのは外用薬か内服薬かは一概には言えない

髪を生やす手段は
大きく分けて2つに分かれます。

外からの対策(育毛剤や施術)と
内からの対策(内服薬や食べ物)です。

どちらのほうがいいのかというと、
一般的に効果が高いと言われるのは
内からの対策になります。

しかし、実際どちらも大事ですし、
人それぞれ健康状態が異なりますので
一概には言えません。

体質は人それぞれ全然異なるため、
同じ対策を行ったとしても
効果にはどうしても差が生じます。


リスクとしては、

敏感肌だと育毛剤で肌荒れを起こす可能性がありますし、
肝臓や心臓に問題がある方、高血圧の薬を飲んでいる方などは
内服薬を控えたほうがいいなど、状況は様々です。

特にミノキシジルは男女ともに使える製品がでており、
摂取量の上限もプロペシアより多いことから
副作用がより心配される薬です。


下手をしたら命に関わることなので
少しでも不安を感じるならば
ミノキシジルを使わない発毛法にしたほうが無難です。

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら