薄毛ガイドラインは参考程度にとどめておく

日本育毛学会が薄毛に関する
ガイドラインを発表したのは
記憶に新しいところです。

それは簡単に言うと
現時点で効果があるとされる
薬や治療の有効性を
A~Dでランク付けたものです。

一番いいAには
プロペシアとミノキシジル

Bには自毛植毛

C評価は2つに分かれていて、
いい方のC1には、

塩化カルプロニウム、フラバノン、
アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、
ケトコナゾール

C2にはセファランチン


そしてD評価には
女性へのフィナステリド使用と、
人口毛植毛が記載されています。

※今後も新たな薬や治療が
ランク付けされていく可能性はあります。


これはこれで参考にはなると思いますが、
目にうろこという情報ではありません。

まだまだ脱毛症にはわからないことが多く、
体質や症状も人それぞれ違うので
Aだからといって必ず回復するわけではありません。


遺伝配列も関係しているので、
同じプロペシアを服用しても
効果には差が出てしまいます。


そして一番気になるのが副作用です。
A評価の二つは画期的な反面、
気にある副作用がいくつかあるのが問題です。

プロペシアは主に性機能の減退と肝機能障害
ミノキシジルは頭痛や胸の痛み、心拍数上昇があります。


統計的にみると症状がでる確率は低いですが、
肝臓や心臓に問題がある場合は危険なため
飲んではいけないことになっています。


評価が高い=万能ではないことを注意しましょう。


心臓が心配ならミノキシジルを使わない対策へ

TOPPAGE  TOP 

FX比較はこちら